Sunday, March 30, 2014

Seize the day!


Ciao from Seattle 

WA州のSeattleからHELLO
1年半前に訪れたVancouverで興味があったシアトルへ寄りたいなと
思って訪れた時が初めましてのSeattle
その時、University of Washington 通称UWへ寄って
ワシントン像や広大な敷地に
魅了されながらここで学べたらAmerican dream!と
passionを抱いていた希望が叶い
22歳にして両親に面倒をかけながらも、
international businessについて明日から学ぶ予定。

留学中日々意識することをMATOMEてみた:
-色んな所のcoffeeを飲む 
-1週間に1度やったことないことをトライする
-Outputを意識する
-Give give give giveをしてtakeする

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

それから、こちらにきて早くも1週間経過するので
気づいたこと、不思議だと思ったことをMATOMEてみた

-物価がベラボーに高い、税率も9.5%という高さ
-所得税が0%だけど留学生には関係なし
-毎日雨が降っていてさすがに雨に飽きてくる
-だけど大雨なのに傘をさす人がほとんどいない
-だからなのか雨に強い製品が多く取り扱われている
-3月は予想以上に寒く、ウールコートが必須
-Coffee屋さんでもtipをとるということ、サービスは普通
-UWの寮はかなり綺麗な建物が多いけどなんせ高い
-寮に併設されているdeli兼super的な所が成城石井qualityだけど高い
-寮に住む場合は1から全て用意しなければならなくてすごく大変
-Seattle発祥ブランド/企業が意外にもとても多い
-バナナが一本19¢(しかし黒くなるのがかなり早い)
-Organic superが豊富だから日本の有機品=お金持ちの特権は成り立たない
-アメリカ人の笑顔や優しさには上辺だけの場合が多い気がする
-ブランド品を着ている/持っている人がほぼ皆無
-地産地消や産地にこだわるようなお店がたくさんある
-日本の羽毛布団がこちらには存在しない
-日本の食パンが寮の成城石井的なsuperで6枚入り$7で売られてた
-chaiのtea leavesが豊富、というかSeattle発のchai brandがおあり

上記に挙げた物達の中で自分が"高い"と何回連呼しているのでしょう
日本も明日から増税だけど、Seattleより1%安いから
既に一足早くこの税率の高さの理不尽さを感じております
一人暮らし、寮生活、アメリカ人とのshared apartments
治安の違い、文化の違い、人間の温度の違い、性格の違いなど
1週間でこんなにもたくさんのことを感じる/考える
当たり前だけど日本に留まっていたら知ることのないこと、
その上知らなくてもよいこと?
更に客観的に日本という国、自分の性格などを見れるようになって
"seize the day"を心に留め時の刻みを大切にしながら過ごしてるよ
Seattleの魅力、留学について、アメリカについて全般
一人暮らしの大変さなど多種多様なことを私目線でお伝えしていくので
引き続き読んでくれる方はよろしくお願いします!



2 comments:

  1. ブログいつも拝見させてもらってます。
    ユリトニーさんの写真のセンスや、考え方などが好きです。
    大学で留学を考えているんですが、どこの国がおすすめか教えて頂きたいです。
    また、英語の勉強はどのように取り組まれたか教えてもらいたいです♡

    ReplyDelete